セルフエステ、けがやトラブル増加安く手軽な一方で…

 エステサロンと同様の機器を自分で使う「セルフエステ」店で、けがや契約に関するトラブルが増えている。価格の安さや施術の手軽さがうたわれる一方、リスクもあるとして、国民生活センターが注意を促している。

 セルフエステは、顔のリフトアップややせる効果がある機器などを店内で使える。最初に店員から機器の使い方について説明を受け、その後は自分で操作する。

 同センターによると、セルフエステに関する相談は2014年4月~昨年末に119件あり、年々増えている。119件のうち、肌が赤く腫れるなどのけがを負ったものは23件だった。

 超音波で肌を傷つけずに体の特…

続きを見る

引用:ASAHI.com

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 福島駅前にセルフ脱毛「サロンフル」 ウィズコロナで非対面型に

  2. デイサービスに進出 エステサロンのフェイス 東海初の美容特化型 一宮市のサロンに1日併設オープン

  3. 老舗温泉旅館とエステサロンはコロナの自粛期間をどう乗り越えたのか?

  4. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  5. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  1. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  2. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  3. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  4. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  5. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

オススメ書籍