新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦

株式会社クロスリンク(本社:東京都中央区、代表取締役社長:矢野敦子)が運営する癒し・ヘルスケア業界に特化した専門予約システム『ワンモアハンド』、求人サイト『キャリさぽ』は、リラクゼーションサロン・治療院業界に関する様々な調査を行い、レポートにまとめご紹介しています。

4月に引き続き、新型コロナウイルス感染症が癒し・ヘルスケア業界にどのような影響を与えているのかを調査するため、『ワンモアハンド』を利用の店舗で2019年5月1日~5月31日、2020年5月1日~5月31日共に予約のあった店舗を業種ごとに分け、前年度・今年度の1店舗あたりの平均予約件数の動きと2020年4月の平均予約件数を比較しましたのでご紹介します。

 2020年の5月の平均予約数は2019年5月と比較して、休業要請の出ていない『整骨院』・『鍼灸院』は約30%減、『ヘアサロン』は約10%減、休業要請の対象となった『リラクゼーションサロン』・『トレーニングスタジオ』・『エステティックサロン』・『ネイルサロン』は約50%減、『まつ毛エクステサロン』は約40%減と先月発表した4月の統計と同様に、2019年度の予約数を上回ることはできませんでした。しかし、5月14日に47都道府県のうち39県で緊急事態宣言が解除され、同月25日に残り8県の緊急事態宣言も解除されたこともあり、予約数は徐々にではありますが回復傾向にあり、60%以上、予約件数が落ち込んだ業種はありませんでした。

業種別平均予約件数 2019年5月と2020年5月の比較

業種別平均予約件数 2020年4月から5月の推移

リラクゼーションサロン
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は240件に対し、2020年5月1日~5月31日は122件。前年対比49%減となりました。
4月から各都道府県の休業要請の対象となり、引き続き休業する店舗が多く、2019年と比べて平均予約件数は49%減という結果でした。
平均予約件数は2020年4月の111件から10%増加し、リラクゼーションサロンの需要の高さがわかりました。

整骨院
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は617件に対し、2020年5月1日~5月31日は424件。前年対比31%減となりました。
各都道府県の休業要請の対象外でしたが、自粛する店舗もあり、2019年度と比べて平均予約件数は31%減という結果でした。2020年4月の平均予約件数427件から1%減で、大幅な変動はなく、4月とほとんど変わらない予約件数をキープすることができました。

鍼灸院
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は221件に対し、2020年5月1日~5月31日は148件。前年対比33%減となりました。
鍼灸院も休業要請の対象外でしたが、整骨院同様、営業を自粛する店舗もあり、2019年度に比べて平均予約数は33%減という結果でした。
2020年4月の平均予約件数は139件から6%増加し、整骨院よりも平均予約件数が上がりヘルスケア業界の需要の高さがわかりました。

ヘアサロン
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は198件に対し、2020年5月1日~5月31日は183件。前年対比8%減となりました。
各都道府県の休業要請の対象外で、4月は休業している店舗もありましたが5月に入り営業を再開する店舗も増え、2019年度に比べて平均予約件数は8%減とワンモアハンド利用業種の中で、予約数の減少を一番抑えることができました。
2020年4月の平均予約件数150件から22%増加し、ワンモアハンド利用業種の中で2番目に平均予約件数が上がりました。

トレーニングスタジオ
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は430件に対し、2020年5月1日~5月31日は226件。前年対比47%減となりました。
各都道府県の休業要請の対象となっており、2019年度に比べて平均予約件数は47%減という結果となりました。
2020年4月の平均予約件数302件から25%減の226件となり、ワンモアハンド利用業種の中で一番平均予約件数が下がりました。

エステティックサロン
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は267件に対し、2020年5月1日~5月31日は129件。前年対比52%減となりました。
各都道府県の休業要請の対象に入っており、2019年度と比べて平均予約件数は52%減という結果となりました。
4月に引き続き営業を自粛している店舗も多く、2020年4月の平均予約件数131件から2%減となり、大幅な落ち込みとはなりませんでした。

ネイルサロン
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は222件に対し、2020年5月1日~5月31日は112件。前年対比50%減となりました。
各都道府県の休業要請の対象に入っており、4月から引き続き休業をしていた店舗も多く、2019年度と比べて平均予約件数は50%減という結果でした。2020年4月の平均予約件数132件から15%減となり、4月に引き続きお客様の方でも予約を控えていることがわかりました。

まつ毛エクステサロン
2019年5月1日~5月31日の1店舗あたりの平均予約数は302件に対し、2020年5月1日~5月31日は184件。前年対比39%減となりました。
各都道府県の休業要請の対象に入っており、4月から引き続き休業している店舗も多く、2019年度と比べて平均予約件数は39%減という結果でした。
2020年4月の平均予約件数の123件から50%増加し、ワンモアハンド利用業種の中で一番高い平均予約件数となりました。

2020年5月の『ワンモアハンド』利用店舗の内訳

『ワンモアハンド』は、癒し・ヘルスケア業界に特化した専門予約システムですが、ヘアサロン・ネイルサロン・まつ毛エクステサロンなど、幅広い業種の店舗様にもご利用いただいています。
業界特化ということもあり、利用店舗の業種内訳は『癒し・ヘルスケア業界』が全体の85%、その中で『リラクゼーションサロン』が26%、『整骨院』が24%、『鍼灸院』が11%、『ヘアサロン』が8%、『トレーニングスタジオ』・『エステティックサロン』が6%、『ネイルサロン』・『まつ毛エクステサロン』が2%という割合になっています。

▼新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で
癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦
https://prtimes.jp/a/?f=d59917-20200612-8310.pdf

———————————————-

引用:

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  2. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  3. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦

  4. 痩身エステサロン「ヴィトゥレ」腸セラピーサービスを開始

  5. 【美容センサス2020年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

  1. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  2. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  3. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  4. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  5. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

オススメ書籍