【アンダーヘアどうする?問題】産婦人科医が解説するVIO脱毛のメリット・デメリット

たびたび話題になる、「アンダーヘアどうする?問題」。「陰毛は全て無くしてしまう方がいい」という意見もあれば「ないと肌に摩擦や負担がかかる」という否定的な意見も。どちらの意見も納得できるものがありますが…女性器の専門家・婦人科医の意見を聞いてみました。

アンダーヘアの有無、結局どっちが正解!?

この問題に答えてくれたのは、つづきレディスクリニックの院長・吉岡範人医師。こちらのクリニックでは治療の一環として医療脱毛を行なっており、まさにこの問題のアドバイザーとして適任です。

Q:アンダーケアの脱毛は、した方が良いのでしょうか?

「その人の悩みや体質によって、異なります。脱毛はメリットだけでなく、デメリットもありますから、絶対的な答えはありません」(吉岡医師)

Q:アンダーケアの脱毛のメリットとデメリットについて教えてください。

「デメリットは脱毛で出血したり、血流の流れが悪くなったり、その後ムレを感じる方も。こういう例を見ると、自然の流れとして脱毛は不要かもしれないと思う時もあります。その一方で、脱毛することで生理が楽になった方、美容目的で脱毛された方、介護を受けている方などは、ご本人だけでなくお世話をする方の双方の生活が楽になったというケースもあります」(吉岡医師)
吉岡医師曰く、アンダーケアの脱毛はその人の希望や目的に合わせた「オーダーメイド治療」だと話します。

そして、今までにない新しい発見が「脱毛は、見た目や感覚だけでなく、生理など婦人科系の悩みを解決するためのツールとして利用することができる」というところ。

女性器周りの不快感をケアするために「脱毛」を選択した場合、一体どんなケアをすればいいのでしょうか?

Q:おすすめの脱毛方法は?

「医者としての立場から、やはりセルフケアは感染など危険が伴うので、医療用脱毛を選んで欲しいと思っています。それでもセルフケアを選ぶ場合は、脱毛前にアルコールを含んだものを患部に触れさせないように。アルコール(クリーム、シートなどすべて)で火傷のような症状が出る場合があります」(吉岡医師)

Q:医療脱毛と美容脱毛の違いは?

「まず使用する機械の機能が、全く違います。そのため、美容用よりも痛みが少なく、VIOでも非常に痛みを受けにくいことが大きな特徴です。そして医療機関ですので、施術前にもし何か異常があった場合、すぐに治療につなげることができます」(吉岡医師)

婦人科と直結している医療脱毛は、脱毛時に医学的観点から女性器周辺をチェックしてもらえるという他にはない大きなメリットがあるとのこと。

VIO脱毛したいけど不安もあるという方は、医療脱毛を行う婦人科などに相談してみたら、納得のいくベストな選択ができるかもしれません。

教えてくれたのは……吉岡範人医師
横浜市にある、医療法人社団都筑会つづきレディスクリニック院長。千葉県市原市出身。聖マリアンヌ医科大学卒業後、同大学初期臨床研修センターで就労。その後、カナダのブリティッシュコロンビア大学への留学などを経験し、現在は婦人科専門医として活躍中。

関連記事

ベルクスカルプト

新着動画

  1. 5-2.ストーリーズ活用法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  2. 5-1.リーチ数を高める投稿方法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  3. 4-2.保存されやすい投稿 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  4. 4-1.インサイトとは?競合アカウントの分析 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  5. 3-2.投稿のデザイン | インスタの基本設定 | インスタグラム攻略法

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【全国初出店】整体とエステを融合させた新形態の「美脚サロン」がそごう横浜に新登場!足のトラブルから美脚エステまで

  2. トータルビューティを提供する「nanairo」が3月26日(土)横浜駅西口にニューオープン。

  3. ナリス化粧品、初の完全オンライン美容資格取得講座開始

  4. 成年年齢の引き下げで国民生活センターも注意喚起!「エステ脱毛」の契約トラブル事例

  5. 低価格路線や割引キャンペーンはもう限界…生き残る美容系サービス業の条件とは

  1. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  2. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  3. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

オススメ書籍