PURESTHETIQUE COLUMN ピュア・エステティーク・コラム 美容家によるスキンケアのおはなし「ムダ毛処理・脱毛の全て(1)」

夏ですね!日差しの強い日が増えてきました。昨年はロックダウンの影響で引きこもってしまった方が多いと思いますが、トラベル制限も緩和されて、この夏はまた、旅行やビーチやキャンプやピクニックや、自然の中で深呼吸が出来るようになりました。

肌の露出が増えるこの季節、気になるのはムダ毛。面倒な処理、どうされていますか?

除毛、脱毛の方法と云えば、色々ありますが、

●カミソリ、電気シェーバーを使ってシェービング

●毛抜き(ピンセット)、専用マシーンを使って抜く

●ワックス処理(セルフケア又は、サロンに通う)

●除毛剤、クリームなどを塗って毛を溶かす

●ブリーチ剤で毛を漂白し色を目立たせなくする

●家庭用脱毛機を気長に使う

●針脱毛(エレクトロリス)に通う

●レーザー又はIPLなどの光脱毛に通う

などがあります。昔の女性は、マッチで火をつけた後の残りの熱で毛を焼いたりもしたとか。。それに比べると、短時間で気軽に対処出来るオプションが沢山出来ました。毛なんか剃るものじゃない、とか、剃ると増える、とか、例えば子供が毛を抜いているのを見つけたら、抜いたらダメよ、と言う方が多いと思いますが、ムダ毛を処理することに、どこかでネガティブなイメージがある様に思います。

 実際、これまでのムダ毛の処理法はどれも肌には良くないものばかりで、上記のうち、レーザーとIPL脱毛以外の除毛法は全て肌に悪いものばかりです。

そんな中に画期的に登場したのが、レーザー又はIPLという光で処理する方法でした。

今までの除毛に対する常識を覆し、肌のコンディションも身体の循環も改善しながら、健康的な素肌をサポートしつつ、1〜2ヶ月に1度、5〜10回程の施術で、その後はケアが必要なくなる、とても効果的な脱毛法です。レーザー・IPLについての詳しい説明は後にして、まずはそれ以外の処理方法にどんな問題があるかをお話しします。

<かみそりで剃る・シェービング>

毎日のシェービングは、かみそりの刃の摩擦で肌に傷をつけ、色素沈着の原因になります。毛が太めな方、敏感肌、吹き出物がある方は、誤って少し切ってしまったり肌が荒れてしまうこともあります。

シャワーで使うタイプのかみそりは、刃が錆びやすく、錆びたままでの使用は炎症の原因になりますので、まめに新しい刃に交換しなくてはならず、カミソリの種類に拘ると、そこそこのお値段です。また、使い捨てカミソリはリサイクル出来無いにも関わらず、相当なゴミの量という事で環境保護、クリーンビューティーの点で問題視されています。

引用サイト:

関連記事

ベルクスカルプト

新着動画

  1. 5-2.ストーリーズ活用法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  2. 5-1.リーチ数を高める投稿方法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  3. 4-2.保存されやすい投稿 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  4. 4-1.インサイトとは?競合アカウントの分析 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  5. 3-2.投稿のデザイン | インスタの基本設定 | インスタグラム攻略法

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【全国初出店】整体とエステを融合させた新形態の「美脚サロン」がそごう横浜に新登場!足のトラブルから美脚エステまで

  2. トータルビューティを提供する「nanairo」が3月26日(土)横浜駅西口にニューオープン。

  3. ナリス化粧品、初の完全オンライン美容資格取得講座開始

  4. 成年年齢の引き下げで国民生活センターも注意喚起!「エステ脱毛」の契約トラブル事例

  5. 低価格路線や割引キャンペーンはもう限界…生き残る美容系サービス業の条件とは

  1. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  2. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  3. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

オススメ書籍