来る“シモの世話”に備え…、「介護脱毛」をしておくアラフィフ女子が増えている!

「祖母は便や尿を漏らすと、おむつを勝手にはずしてしまうんです。汚れた服やシーツを交換していると、臭くて、つい嫌な顔をしてしまう。そんな私を悲しげに見ている祖母もつらそうで。自分に介護が必要になったとき、誰にもこんな思いをさせたくない。少しでも排泄介護の負担が減らせたらと思ったんです」

【写真】おむつの正しいつけ方を実践方式で学ぶ、むつき庵での研修会の様子

 そう話すのは、神奈川県の竹内美紀さん(仮名=49)。昨年の春、県内の医療脱毛の専門院で「介護脱毛」した。介護脱毛の需要が急増しているワケ

 介護脱毛とは、近い将来、介護をされる立場になることを想定し、排泄処理の負担を軽減させる目的で、あらかじめデリケートゾーンを脱毛すること。これに熱い視線を注ぐのが竹内さんのような40~50代の女性たちだ。

「私が受けたのはVIO脱毛と言ってビキニラインと性器や肛門のまわりにあるアンダーヘアの脱毛。輪ゴムで皮膚を弾かれる痛さと聞いていたけどけっこう痛い(笑)。でも麻酔をするほどではなかったです」(竹内さん、以下同)

 アンダーヘアの脱毛と言っても、毛のない状態にするのではなく「量を全体的に減らすイメージ。あんまりツルツルだと温泉に入るときに恥ずかしいので」と、竹内さん。

「自己処理しなくていいので、すごく楽。将来の介護を思って脱毛しましたが、もっと早くやっておけば生理のときも楽だったかもしれません」

 アラフィフ女性の介護脱毛は近年、需要が高まっている。

「2010年ごろから、45歳以上の年代でアンダーヘアの脱毛を希望する女性たちが増え始めました。お話を伺うと、将来の備えとして脱毛を考える声が多かったんです」

 そう語るのは、医療脱毛専門院である『リゼクリニック』新宿院の大地まさ代院長だ。

 ’10年10月から’19年9月にかけて、リゼクリニックを訪れた45歳以上の女性は23・91倍に急増している。そこで’17年に、クリニックで40~50代の女性330人にアンケートを行うと、53・9%が“介護に備え脱毛をしたい”と回答。こうした動きをとらえ、介護脱毛を提唱した。

 こんなエピソードがある。介護脱毛のため同院を訪れた40代の女性介護士は、認知症の利用者のおむつ交換をする際、陰毛に絡みついた汚物が固まっていたのでふきとろうとすると、利用者に“痛い! 何やってんのよ!”と強く抗議された。その経験が施術に踏み切るきっかけとなったそうだ。

 この介護士や竹内さんのように、かつては“介護をして大変だった”経験から脱毛を希望する人が多かったが、「介護脱毛の認知度が上がってからは、介護経験がなくても“自分も備えなければ”と、来院される傾向が増してきています」(大地院長、以下同)

続きは下記より

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00017392-jprime-soci

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  2. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  3. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦

  4. 痩身エステサロン「ヴィトゥレ」腸セラピーサービスを開始

  5. 【美容センサス2020年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

  1. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  2. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  3. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  4. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  5. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

オススメ書籍