業務用美容マシンを販売する株式会社Dr.Viseaが『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』に参画で公式アンバサダーのウエンツ瑛士氏を起用

業務用美容マシンの販売・サロン経営を行う株式会社Dr.Visea(https://visea.jp/)は、『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』の第2期に参画。同プロジェクト公式アンバサダーのウエンツ瑛士氏の広告素材を用いたフォーカスネオのプロモーション活動を開始した。

業務用美容マシンを販売する株式会社Dr.Viseaが『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』に参画で公式アンバサダーのウエンツ瑛士氏を起用

  • 『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』とは

中小企業の発信力・PR力の強化や社員のモチベーション向上の機会創出を目的にした、株式会社中小企業のチカラによる中小企業支援プロジェクトである。田村淳さん・ウエンツ瑛士さん・前田敦子さんが公式アンバサダーを務めており、プロジェクトに参画する中小企業は公式アンバサダーの肖像を活用し、会社・サービスの認知向上やブランディングの強化を行う。

  • プロジェクト参画背景

株式会社Dr.Viseaは「結果の見える健康・美容サービスを身近にし、世界を豊かにしていく」というビジョンに向けて挑戦していく会社である。
新型コロナウイルス感染症が拡大している中で、新しくエステ業を始める方が日本全国に多く存在する。株式会社Dr.Viseaはそんな方々の新たな挑戦を応援すべく開業支援やアフターフォローに力を入れている。代表取締役社長の渡邊氏は、「中小企業から日本を元気にする」ための貢献ができるようDr.Viseaは日々挑戦していくと話す。

  • 株式会社Dr.Viseaについて

Dr.ViseaとはDr (医療・信頼) ・Vinus (愛と美の女神)・sea (世界)を組み合わせた社名である。

「結果の見える健康・美容サービスを身近にし、世界を豊かにしていく」というビジョンに向けて日々挑戦し続ける業務用美容マシンの販売を行っている会社だ。
業務用美容マシンを販売する株式会社Dr.Viseaが『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』に参画で公式アンバサダーのウエンツ瑛士氏を起用

HIFUを応用した業務用ハイフ『フォーカスネオ』の導入店は1000店舗を超え、有名人やインフルエンサーにも好評だ。
『フォーカスネオ』の特徴は、従来のHIFUを応用した蓄熱式で安全性も高くエステでも導入可能で痛みも少ない点である。
Dr.Viseaでは随時、新規購入者向けにマシンのweb説明会や体験会やマシンを購入したことがある方には「フォローアップ研修」を開催している。
これからエステ業界への参入を考えている方にはぜひ受講して欲しい内容である。

フォーカスネオwebサイト
https://focusneo.net/

各種セミナー・体験会
https://visea.jp/seminar/

【会社概要】
会社名:株式会社Dr.Visea
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル2F
代表者:渡邊鷹海
設立:2017年12月
URL:https://visea.jp/
事業内容:エステサロン向け美容マシン販売・直営サロンの経営

【お客様からのお問い合わせ先】
TEL:0120-829-874  (平日10時~17時)
e-mail:sales@visea.jp

<引用元>

関連記事

ベルクスカルプト

新着動画

  1. 5-2.ストーリーズ活用法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  2. 5-1.リーチ数を高める投稿方法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  3. 4-2.保存されやすい投稿 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  4. 4-1.インサイトとは?競合アカウントの分析 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  5. 3-2.投稿のデザイン | インスタの基本設定 | インスタグラム攻略法

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【全国初出店】整体とエステを融合させた新形態の「美脚サロン」がそごう横浜に新登場!足のトラブルから美脚エステまで

  2. トータルビューティを提供する「nanairo」が3月26日(土)横浜駅西口にニューオープン。

  3. ナリス化粧品、初の完全オンライン美容資格取得講座開始

  4. 成年年齢の引き下げで国民生活センターも注意喚起!「エステ脱毛」の契約トラブル事例

  5. 低価格路線や割引キャンペーンはもう限界…生き残る美容系サービス業の条件とは

  1. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  2. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  3. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

オススメ書籍