【学生のうちからサロンで脱毛すべき?】セルフケア脱毛では肌を傷つける可能性も!?

サロン脱毛・医療脱毛経験者の7割以上が“学生さんにサロンの脱毛はおすすめ”と回答!

【学生のうちからサロンで脱毛すべき?】セルフケア脱毛では肌を傷つける可能性も!?

思春期になると生えてくるムダ毛は、誰にとっても悩みの種ですよね。
特に学生さんにとってはエステや美容クリニックは敷居が高く感じられ、自己処理で済ませている人も多いのではないでしょうか。

でも、シェーバーや毛抜きなどで自己処理をした結果、肌が荒れたり毛穴が目立ったりといったトラブルが生じる可能性も。
では安心に、しかもきれいに脱毛するにはどんな方法があるのでしょうか?
また、他の人はどうやって脱毛しているのかも気になるポイントですよね。

そこで今回、脱毛サロン「恋肌」(https://www.koi-hada.jp/)は、20代女性(学生除く)を対象に、「学生時代の脱毛事情」に関する調査を実施しました。

【短大・大学生からが多数!】脱毛を始めた年齢やきっかけは?

はじめに、脱毛を始めた年齢やきっかけについて伺っていきたいと思います。

【短大・大学生からが多数!】脱毛を始めた年齢やきっかけは?

「いつから脱毛を始めましたか?」と質問したところ、『短大・大学生(49.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『社会人(34.1%)』『高校生(13.4%)』と続きました。

短大・大学生から脱毛を始めた方が半数近くいるようですが、脱毛を始めようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

そこで、「脱毛を始めたきっかけを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『きれいな肌を手に入れるため(54.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『ムダ毛が濃くなってきたから(36.8%)』『清潔さを保つため(34.8%)』と続きました。

半数以上の方が、ムダ毛のないきれいな肌になりたいと思ったことがきっかけのようです。

【6割がセルフケア】学生時代の脱毛方法

脱毛を始めた年齢や、きっかけがわかりました。
では、脱毛を始める前は自身でムダ毛を処理していたのでしょうか?

【6割がセルフケア】学生時代の脱毛方法

そこで、「高校時代、セルフケアで脱毛していましたか?」と質問したところ、6割以上の方が『はい(61.6%)』と回答しました。

多くの方が、セルフケアでムダ毛を処理していたようですが、どのような方法で行っていたのでしょうか?

『はい』と回答した方に、「主にどんな方法で脱毛していましたか?」と質問したところ、『カミソリ(77.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『除毛・脱毛クリーム(13.3%)』『家庭用脱毛器(5.7%)』と続きました。

圧倒的に、カミソリでムダ毛を処理していた方が多いようです。
カミソリは手頃な価格で購入することができ、簡単にムダ毛の処理ができるため使用する方が多いのかもしれません。

さまざまな部位に生えているムダ毛ですが、ではどの部位を自身で処理していたのでしょうか?

どの部位の脱毛をしていましたか?

「どの部位の脱毛をしていましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『腕(78.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『脇(76.4%)』『足(75.2%)』と続きました。

暖かい季節になると露出する腕や脇、足などの脱毛を行っていた方が多いことがわかりました。
いつ見られても良いように、季節を問わずセルフケアでムダ毛を処理していた方もいるのかもしれませんね。

【こんなケースも?!】脱毛トラブルのあるある

先程の調査で、高校時代は多くの方がセルフケアで脱毛をしていたことがわかりました。
カミソリを使用していた方が7割以上と多く、腕や脇、足といった部位のムダ毛を処理していたようです。

ムダ毛を処理する際は、肌へのダメージも気を付けなければいけませんが、セルフケアの脱毛で失敗したことはあるのでしょうか?

高校時代にセルフケアの脱毛で失敗したことはありますか?

そこで、「高校時代にセルフケアの脱毛で失敗したことはありますか?」と質問したところ、6割以上の方が『はい(63.3%)』と回答しました。

カミソリなどを使ったセルフケアでのムダ毛処理は一見簡単なように思えますが、失敗してしまうリスクも高いと言えそうです。

では、どのような失敗をしたことがあるのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■自分でムダ毛の処理をしたけど…こんな失敗しました
・肌荒れした(専業主婦/静岡県)
・肌を傷つけて流血(パート・アルバイト/岩手県)
・肌荒れ、毛穴が目立つようになった(会社員/福岡県)
・皮膚を切ってしまい傷だらけになった(会社員/静岡県)

ムダ毛を処理するときに皮膚を切ってしまったり、肌荒れが起きたりした方が多く、ムダ毛処理によって肌を傷つけてしまっている様子が窺えます。

肌へのダメージを意識してムダ毛の処理を行っていても、肌を傷つけずムダ毛を処理することはセルフケアでは難しいのかもしれません。

【サロンが一番!】学生さんにおすすめの脱毛方法

高校時代は多くの方がセルフケアで脱毛を行っていたものの、肌荒れをしたり傷つけたりといった失敗経験がある方も6割以上と多いことがわかりました。

肌を傷つけてしまうと、傷跡が残ってしまうことも少なくありません。
そのようなことを避けるためには、やはりプロがいるサロンで脱毛を行った方が良いのではないでしょうか?

学生さんにサロンでの脱毛はおすすめだと思いますか?

そこで、「学生さんにサロンでの脱毛はおすすめだと思いますか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(74.3%)』と回答しました。

多くの方が、サロンでの脱毛がおすすめだと思っているようですが、そう思う理由を具体的に聞いてみました。

■学生さんにサロン脱毛がおすすめ!その理由とは
・きちんと脱毛してもらえる(会社員/神奈川県)
・若いうちから始めておいた方が終わりが早い(会社員/新潟県)
・肌を傷つけないから(会社員/東京都)
・皮膚トラブルが減る(会社員/北海道)

サロンでの脱毛は、肌を傷つけることなくきれいに脱毛できるためおすすめと思っている方が多いようです。
また、脱毛が終了するまである程度の期間がかかることもあり、学生のうちから始めておいた方が良いということがわかりました。

【まとめ】きれいかつ安全に処理したいならサロンがおすすめ!

今回の調査で、きれいな肌を手に入れることを目的として短大・大学生時代に脱毛を始めた方が多いことがわかりました。

高校時代は、カミソリなどを使ってセルフケアで脱毛をしていた方が多く、ムダ毛の処理はできるものの、肌を傷つけてしまったり荒れてしまったりといった失敗を経験していたようです。

多くの方がおすすめしているように、きれいな肌を手に入れるには、学生のうちからサロンで脱毛をした方が良いのかもしれませんね。
今のうちから、セルフの脱毛ではなくサロンでの脱毛を考えてみてはいかがでしょうか?

学生のうちから脱毛をするなら『恋肌』

学生のうちから脱毛をするなら『恋肌』

「肌を傷つけずにムダ毛処理したい!」
「セルフ脱毛だとどうしても肌が荒れる…」
そのような方におすすめしたいのが、セブンエー美容株式会社が運営する脱毛サロン『恋肌』(https://www.koi-hada.jp/)です。

『恋肌』は、日本人の肌に合わせた特注の国産脱毛器を使用しているため、施術中の痛みもほとんどありません!
さらに、コラーゲン美肌脱毛を導入しているので、脱毛しながら透明感あふれるプルプルの美肌に導いてくれますよ♪
美肌効果の高いローションが無料なのも、女性にとって嬉しい特典です。
安い・痛くないだけではなく、より美しいお肌づくりも期待できるのが恋肌の特徴です。

学生も無理なく通いやすい料金設定で高いクオリティの脱毛をご提供いたします。
ぜひ『恋肌』にお気軽にご相談ください。

■脱毛サロン「恋肌」:https://www.koi-hada.jp/
■お問い合わせURL:https://www.koi-hada.jp/contact/

調査概要:「学生時代の脱毛事情」に関する調査
【調査期間】20022年3月7日(月)〜20022年3月8日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,003人
【調査対象】20代女性(学生除く)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

【記事等でのご利用にあたって】
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ゼネラルリサーチ調査」「恋肌」である旨の記載
・該当するプレスリリースのリンク設置

関連記事

ベルクスカルプト

新着動画

  1. 5-2.ストーリーズ活用法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  2. 5-1.リーチ数を高める投稿方法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  3. 4-2.保存されやすい投稿 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  4. 4-1.インサイトとは?競合アカウントの分析 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  5. 3-2.投稿のデザイン | インスタの基本設定 | インスタグラム攻略法

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【全国初出店】整体とエステを融合させた新形態の「美脚サロン」がそごう横浜に新登場!足のトラブルから美脚エステまで

  2. トータルビューティを提供する「nanairo」が3月26日(土)横浜駅西口にニューオープン。

  3. ナリス化粧品、初の完全オンライン美容資格取得講座開始

  4. 成年年齢の引き下げで国民生活センターも注意喚起!「エステ脱毛」の契約トラブル事例

  5. 低価格路線や割引キャンペーンはもう限界…生き残る美容系サービス業の条件とは

  1. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  2. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  3. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  4. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  5. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

オススメ書籍