東京都の休業要請、飲食店は時間短縮 協力金50万円―新型コロナ緊急事態宣言

 東京都は10日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴う休業要請に関して、居酒屋など飲食店については営業時間を午前5時から午後8時まで、酒の提供時間を午後7時までに限定するよう求める方針を決めた。小池百合子知事が具体的な業種などを同日午後、記者会見で発表する。

休業か否か、サービス業困惑 国と都の調整注視―緊急事態宣言対応

 都が既に行っている外出自粛要請と併せ、人と人との接触を減らし感染拡大を食い止めたい考えだ。休業要請は11日から実施する。
 休業要請の対象は、クラスター(感染者集団)が確認されているナイトクラブやカラオケボックスなど。飲食店の全面休業は見送り、時間短縮とする。理髪店やホームセンターは当初対象に含めていたが、除外する。百貨店は食料品など生活必需品に限った上で営業を求める。
 休業した中小企業に対しては「感染拡大防止協力金」を創設。単独店舗で50万円、複数店舗は100万円を支給する。

引用:時事ドットコムニュース

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  2. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  3. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦

  4. 痩身エステサロン「ヴィトゥレ」腸セラピーサービスを開始

  5. 【美容センサス2020年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

  1. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  2. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  3. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  4. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  5. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

オススメ書籍