東京都の休業要請、飲食店は時間短縮 協力金50万円―新型コロナ緊急事態宣言

 東京都は10日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴う休業要請に関して、居酒屋など飲食店については営業時間を午前5時から午後8時まで、酒の提供時間を午後7時までに限定するよう求める方針を決めた。小池百合子知事が具体的な業種などを同日午後、記者会見で発表する。

休業か否か、サービス業困惑 国と都の調整注視―緊急事態宣言対応

 都が既に行っている外出自粛要請と併せ、人と人との接触を減らし感染拡大を食い止めたい考えだ。休業要請は11日から実施する。
 休業要請の対象は、クラスター(感染者集団)が確認されているナイトクラブやカラオケボックスなど。飲食店の全面休業は見送り、時間短縮とする。理髪店やホームセンターは当初対象に含めていたが、除外する。百貨店は食料品など生活必需品に限った上で営業を求める。
 休業した中小企業に対しては「感染拡大防止協力金」を創設。単独店舗で50万円、複数店舗は100万円を支給する。

引用:時事ドットコムニュース

関連記事

新着動画

  1. 個性心理学でお客様の心をつかむ

  2. 目標達成するためにする、たった2つのこと

  3. 書くだけで運気アップ!開運筆跡診断

  4. 事業を3倍アップさせる開運筆跡診断

  5. 2021年の夢を叶える魔法の手帳術

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. まだ間に合う!最大150万円もらえる小規模事業者持続化補助金活用セミナー。

  2. 福島駅前にセルフ脱毛「サロンフル」 ウィズコロナで非対面型に

  3. デイサービスに進出 エステサロンのフェイス 東海初の美容特化型 一宮市のサロンに1日併設オープン

  4. 老舗温泉旅館とエステサロンはコロナの自粛期間をどう乗り越えたのか?

  5. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  1. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  2. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  3. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  4. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  5. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

オススメ書籍