東京都/緊急事態措置「休業要請の対象施設」一覧公表

東京都は4月13日、緊急事態宣言に伴い都が発令する緊急事態措置として、休業を要請する施設について、一覧表を公開した。

問い合わせが多かった施設をまとめたもので、「基本的に休止を要請する施設」「施設の種別によっては休業を要請する施設」「社会生活を維持するうえで必要な施設」の3つの分類で具体的な対象施設を上げている。

<基本的に休止を要請する施設の一例>

出典:東京都発表資料、※対象、対象外は休業要請について(以下同じ)

基本的に休止を要請する施設では、商業施設は床面積が1000m2超の施設が対象。ペットショップ、ペット美容室、宝石類や金銀の販売店、住宅展示場、古物商、金券ショップ、古本屋、おもちゃ屋、鉄道模型屋、囲碁・将棋盤店、DVD/ビデオレンタル、アウトドア用品、スポーツグッズ店、ゴルフショップなどが対象となる。

また、アイドルグッズ専門店、ネイルサロン、まつ毛エクステンション、スーパー銭湯、岩盤浴、サウナ、エステサロン、日焼けサロン、脱毛サロン、写真屋、フォトスタジオ、美術品販売、展望室が対象となる。

遊興施設として、キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、スナック、バー、ダーツバー、パブ、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、ライブハウスなどが対象となる。

運動遊技施設では、ボウリング場、スケート場、屋内型のゴルフ練習場、屋内型のバッティング練習場、スポーツクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、マージャン店、パチンコ屋、ゲームセンター、テーマパーク、遊園地などが対象となる。

劇場等では、劇場、観覧場、プラネタリウム、映画館、演芸場が対象となる。

集会・展示施設では、集会場、公会堂、展示場、貸会議室、文化会館、多目的ホールなどが対象となる。

施設の種別によっては休業を要請する施設は、文教施設と社会福祉施設等。

■生活必需品売場の業態の詳細発表

社会生活を維持するうえで必要な施設は、休業は要請せず、適切な感染防止対策の協力を要請する。

続きを読む

引用:流通ニュース

関連記事

新着動画

  1. 個性心理学でお客様の心をつかむ

  2. 目標達成するためにする、たった2つのこと

  3. 書くだけで運気アップ!開運筆跡診断

  4. 事業を3倍アップさせる開運筆跡診断

  5. 2021年の夢を叶える魔法の手帳術

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. まだ間に合う!最大150万円もらえる小規模事業者持続化補助金活用セミナー。

  2. 福島駅前にセルフ脱毛「サロンフル」 ウィズコロナで非対面型に

  3. デイサービスに進出 エステサロンのフェイス 東海初の美容特化型 一宮市のサロンに1日併設オープン

  4. 老舗温泉旅館とエステサロンはコロナの自粛期間をどう乗り越えたのか?

  5. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  1. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  2. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  3. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

オススメ書籍