「セブンビューティー」、美容品D2Cを強化 コロナ禍で厳しいサロン向けとは異なる新事業に挑戦

業務用サロン用品の製造・販売を手掛けるSEVEN BEAUTYが、一般消費者向け美容品の開発を強化している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、従来の主要販路だったエステサロン向け販売が厳しくなっているためだ。今後はメンズコスメなど、BtoC向けの商品開発にも注力していく。
自社ECサイト「セブンビューティー【公式】」は2005年から運営を開始。エステ化粧品・ヘアケア・ネイルケア用品を取り扱っている。このほか院内備品やマッサージベッド、白衣など、エステサロンの運営に必要なグッズを幅広く紹介している。
ECサイト開設以降、主な新規販売先はカタログ通販・展示会・ECサイトの運営などで開拓してきた。中でも展示会への出展が、売り上げ向上に大きく貢献してきた。2008年から東京・大阪で開催されている展示会への出展を開始。どちらも毎回3万人以上が来場する規模だった。
展示内容は、自社製品を手に取ることができるようなセルフ陳列方法を採用。これが奏功し、展示会では会場内で最も集客数を獲得したブースになったこともある。カタログ通販も同時展開していたため、展示会で商品が売れた際に必ずカタログも同梱。新規顧客の開拓につなげていた。
「実際に展示会に来られた方が、カタログからの問い合わせやECサイトに新規顧客として流れてくることが多かった」(前田郷樹常務)と振り返る。
しかし、新型コロナウイルス感染拡大により市場動向が変化。同社では、既存のBtoB向け販売が苦戦してきたことから、新たな販路としてBtoC向けに注力する必要があると判断した。
コロナの影響によるオンライン会議の普及で、自分の肌の汚れに気付いた男性が多いことを受け、肌荒れ・ニキビ予防のメンズコスメを開発。楽天市場やヤフーショッピングでの取り扱いも開始しており、若い世代の男性層を獲得していきたい考えだ。
今後は、これまで培ってきたノウハウをBtoC展開にも生かしたいと考えている。「SNSを通じて新たな顧客層の集客と認知度を上げていきたい。集中手段してビッグワード一つと、確かな商品を一つ作り上げていきたい」(同)と意気込む。
「セブンビューティー【公式】」
https://7beauty.jp/

引用サイト:

関連記事

新着動画

  1. 【対談】渡辺ゆきよ×飯塚かこ | 美肌研究家 61歳の秘密に迫る!

  2. 【対談】渡辺ゆきよ×時昴 | ファッションモデルSHIHOの一押し酵素ドリンクとは?

  3. 簡単!インスタグラム動画を作ってLINE登録を増やそう!

  4. 誰でも簡単!売れるPOP作成5つのコツ

  5. スマホアプリで管理 | カルテ保管の救世主!アドビスキャン。

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 広島県初!24時間営業の女性専用フィットネスジム 「フィットネスジムVace1_24h」を2021年8月よりオープン

  2. 東京・銀座にメンズ専門の医療脱毛クリニック 『メンズスキンクリニック銀座院』が7月1日グランドオープン!

  3. 日本初!介護現場の負担も軽減する“介護脱毛専用サロン” 「VIO脱毛専科NICOL 広島横川店」6月にオープン

  4. 女性専用の完全非接触型フィットネス施設「PORT」オープン 西宮市

  5. 【北海道】飲食事業者等感染防止対策補助金の申請受付が7月30日より開始します

  1. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  2. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  3. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  4. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  5. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

オススメ書籍