【集客に効果的】エステにオススメのブログサービスを完全比較。

エステサロンのオーナーさんからいただく質問の一つに「ブログを書いたら良いですか?」と聞かれることがあります。いまの時代、サロンさんがお客様に自店の存在やサービスを知ってもらう方法はインスタ、フェイスブック、ツイッターなどのSNSがメインとなってきています。ホームページやブログを開設していないサロンさんがとても多くなりました。

そこで今回は、ブログを書くことのメリット、オススメのブログサービスとその特徴や、エステに向いているブログサービスをご案内していきたいと思います。

ブログについてはこちら。

ブログを書くメリット

ブログを続けることで得ることのできる主なメリットはいくつかありますが、主なものは下記なります。

SEOに強い

新規の方にアプローチできる

資産になる

想いを伝えることができる

SEOが強い

SEOとは検索エンジン最適化のことで、インターネット検索における検索結果順位を如何に上げるかの対策です。

インスタはじめその他SNSが検索結果上位に表示されることは少ないのが現状です。
そのため、まだお店の存在やサービスを知らないエンドユーザーに対して検索サイトからお店を見つけてもらうにはブログ(ホームページも)が有効です。
お店の特徴や施術、サービス、立地などをブログ内に記載することによりそのワードでインターネット検索したエンドユーザーにお店を見つけてもらう機会を増やすことができます。

新規の方にアプローチできる

上記にも記載しましたが新規の方にアプローチできるのがメリットです。
SNSはフォローされていたり友達登録している知人、メルマガも読者登録している方への配信となるため新規の方にアプローチできません。
SNSのハッシュタグ検索により新規のエンドユーザーにアプローチも可能ですが、インターネット検索からの集客も考えると不特定多数にアプローチ可能なブログが効果的です。

資産になる

ブログにより記事を書き溜めることはお店の資産になります。これはご存知でない方が多いです。SNSの様に次々に新しい投稿により流れてくタイムライン型(またはフロー型)に比べ、ブログはインターネット上に残り続けるストック型のメディアです。直ぐに結果がでなくても後々エンドユーザーさんの目に留まり、アプローチすることも十分考えられます。

想いを伝えることができる

SNSはあまり長文を書くことがなく、お店やお客様に対する想いを伝えるのが少し難しいメディアです。その点、ブログは自由に思う存分文章を書くことができるので、オーナーの考え方や施術の特徴、お客様からの声など多くの情報量でお店のことを知ってもらうことができます。

ブログサービスの種類

ブログサービスはいろいろな会社がサービス提供しています。「どのブログが良いのー?」という方に、それぞれの特徴やメリットデメリットをエステサロンでよく使われているブログサービス中心にいくつかご紹介します。

Amebaブログ(アメブロ)

Amebaブログ株式会社サイバーエージェントが運営するブログサービスです。
日本国内で一番アカウント数の多いブログで、「ブログといえばアメブロ」と思い浮かべる方が多いと思います。

メリットは開設までの登録も簡単で記事も書きやすく、アプリもあるのでとても便利です。デメリットはデザインが他のサイトと似通ったもになります。また、無料版はブログ内に広告が自動で配信されるため、ユーザーの流出(サイトから出てしまう)が起きることもあります。

ライブドアブログ

ライブドアブログは、LINE株式会社(旧ライブドア)運営するブログサービスです。

シンプルなデザインながら、機能面・自由度の高さが特徴です。また、スマートフォンからの投稿、閲覧にも対応しています。デメリットはアメブロ同様、無料版だと広告が掲載されます。

LINEブログ

LINEブログは、LINE株式会社が展開するブログサービスで、国内の芸能人や著名人のみが作成できていましたが、いまは一般開放されています。

Blogger

Blogger(ブロガー)は、グーグル(Google)社が運営するブログサービスです。

利用しているサロンはあまりありませんが、グーグルの提供するサービスのためSEO効果も高いのが期待できます。また、他の無料ブログサービスに比べ広告表示がほとんどないのも特徴です。

はてなブログ

はてなブログ株式会社はてなが運営するブログです。

はてなブックマークからの新規アクセスが見込めることと、更新の際に新着記事に掲載されることもあるので知名度の低いブログでもアクセスアップが期待できます。

Ameba Ownd

Ameba Ownd(アメーバ オウンド) は、株式会社サイバーエージェントが運営する簡単にホームページやブログが作れるサービスです。

手順はわずかに3ステップで、お洒落なデザインのホームページやブログをどなたでも簡単に作成できます。

ワードプレス

ワードプレス(WordPress)は、オープンソースのブログソフトです。

豊富なテーマ(無料・有料)から好きなものを選び、自由にカスタマイズも可能です。
また、プラグインを追加することで様々な拡張機能を追加できたりと、カスタマイズの自由度が高いこともメリットです。
※INOUE.LIFEもワードプレス です

デメリットとしては、拡張性は高い反面専門的な知識が少なからず必要です。一旦サイトを制作してしまえばブログ記事を書くのは他のサービスと変わりません。

ブログサービスの比較

サービス名 容量 ドメイン形式 独自ドメイン
Amebaブログ 1TB ディレクトリ ×
livedoorブログ 無制限 サブドメイン
LINEブログ ディレクトリ ×
blogger 1GB サブドメイン
はてなブログ 毎月300MB サブドメイン
Ound 無制限 サブドメイン
ワードプレス  独自ドメイン

※2020年1月15日現在

オススメのブログサービスとその理由

オススメはやはりこのサイトでも使用しているワードプレス(WordPress)です。
ワードプレス がオススメの理由はこちらです。

資産になる

「ブログは資産になる」と上記に記載しました。出来れば”独自ドメイン”でのブログ制作をオススメします。
独自ドメインとは自分だけのドメインということです。このサイトであれば「inoue.life」がドメインです。
アメブロの場合ドメインは「ameblo.jp」となり、アメブロ運営元のサイバーエージェントが所有権を持つドメインを借りている状態なので、サービス終了や何らかの理由でアカウント停止になると運営元の都合で今までの記事(資産)を一切見ることが出来なくなります

独自ドメインであればドメインを取得したり、サーバーを契約する手間はかかりますが、全て自分自身の範疇で運営できます。

容量気にしなくて良い

ブログサービスには基本的に情報を置いておくサーバーに”容量”が存在するため、多くの画像などを入れることに制限がかかる場合があります。ワードプレスは多くのデータを保管することが可能です。(※サーバー契約内容によります)

自由なデザインとブランディング

デザインは無料のものから有料のものまで数多くのテーマデザインを選ぶことが出来ますので、他店と同じデザインになることが少ないです。

また、お店独自のデザインにて制作できるためブランディングにもなります。

ホームページのSEO

お店のホームページ内にブログ記事を掲載することにより、ホームページの価値も高まり、検索結果の上位表示も期待できる様になります。

検索結果制限なし

インターネットを使って検索する際、検索結果1ページ目に表示されるドメイン数は限られていると言われています。
例えば、アメブロの「ameblo.jp」やホットペッパーの「beauty.hotpepper.jp」の様に、同じドメインを使用しているサイトが自分のお店以外にも多くある場合、検索結果上位表示の確率は低くなります。

その点、独自ドメインであればその制限がありません。

まとめ

いかがでしょうか。オススメはワードプレスですが、何よりも一番大事なのはブログを継続して書き続けることです。
ブログに限ったことではありませんが、多くのお金をかけない限り集客対策において直ぐに結果のでる媒体や手法はありません。定期的にブログ記事を書き続けることにより、Googleのクローラーがその記事を見つけてくれ、検索結果の上位表示につながります。
(自分に言い聞かせています。。。)

SNSも情報発信には必ず必要なツールですが、集客やブランディングのためにブログを書くことをオススメします!

ブログの登録や「ワードプレスの登録方法や書き方がわからない」という方はご連絡いただけましたら可能な限りお伝えさせていただきます。

次回は別記事で「ブログには何を書いたら良いの〜」にお答えしたいと思います。

引用:
イノウエマサユキ

1978年大分県生まれ。高校卒業後、福岡にて大手通信会社にアルバイト入社。2年後上京し入社。正社員として2年勤務し、別会社に転職。インターネット(モバイル広告事業)事業を学び独立。

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  2. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  3. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦

  4. 痩身エステサロン「ヴィトゥレ」腸セラピーサービスを開始

  5. 【美容センサス2020年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

  1. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  2. 「コロナに負けるな!サロン応援キャンペーン」実施のお知らせ

  3. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  4. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  5. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

オススメ書籍