コロナ禍で広がるビューティ企業の支援・寄付への取り組み 海外ビューティ通信シンガポール編

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、7都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。

 世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。4月7日から6月1日までサーキットブレーカー(ソフトロックダウン)中のシンガポールでは、スーパーマーケット、薬局など生活に必須な業種を除き小売店の営業が禁止されている。コスメショップ、エステ・ネイルサロン、百貨店は約2カ月閉店を余儀なくされており、当地のビューティ業界にとって大きな打撃となっている。(本文中の円換算レート:1シンガポールドル=75円。この記事はWWDビューティ2020年5月14日号からの抜粋です)

 コロナ禍の今、ロレアルやクラランス、ロクシタン、LVMH、資生堂、コーセーなどグローバルビューティ企業の多くが対策に乗り出す中、当地のローカルビューティ企業もCSR活動(企業の社会的責任)に積極的に取り組んでいる。

続きを読む

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 福島駅前にセルフ脱毛「サロンフル」 ウィズコロナで非対面型に

  2. デイサービスに進出 エステサロンのフェイス 東海初の美容特化型 一宮市のサロンに1日併設オープン

  3. 老舗温泉旅館とエステサロンはコロナの自粛期間をどう乗り越えたのか?

  4. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  5. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  1. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  2. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  3. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  4. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  5. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

オススメ書籍