セルフエステ「エスプラ」のフランチャイズ 「エスプラFC」の加盟店募集を開始

– 自分で行う流行りの定額制セルフエステを簡単にオープン可能に –

セルフエステサロン運営事業、サロンコンサル事業を行うLead株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:槇 隆司)は、自分自身でエステマシンを使用して、キレイを手に入れる定額制(サブスク型)セルフエステ「エスプラFC」の加盟店募集を開始いたしました。

店内の様子(1)

お客様自身がプロのエステマシンを使用して、自身の身体をケアする新しいエステサロンのスタイルとなります。従来のエステサロンと比べて、ジム間隔で気軽に通えるメリットや、月額で通い放題にり圧倒的に低コストに抑えられるところから利用者に人気があります。

当社ではすでに、3店舗の運営実績から今回「エスプラFC」をオープンする次第となりました。

【セルフエステ「エスプラ」】
URL: https://espra-esthe.com

【フランチャイズ「エスプラFC」加盟店募集サイト】
URL: https://espra-esthe.com/fc/

【資料請求はこちらから】
https://espra-esthe.com/fc/application/document-request/

施術イメージ(1)

施術イメージ(2)

■エスプラFCのコンセプト

1. 定額制(サブスク型)により売上が安定
2. 広告・集客を完全にサポート
3. 充実な教育体制により立ち上げをサポート

■「エスプラFC」の強み

・初期費用&ランニングが安い
初期費用の削減が成功への秘訣!初期投資のかかるセルフエステ事業をお手軽にスタートすることを可能としました。

・最新マシンを導入
常に最新マシンを導入して他社と差別化を図ります。また、セルフエステマシンのノウハウは既存エステメーカーでは豊富ではないところ、当社は2年以上の試行錯誤を繰り返しております。

・採用サポート
手技が不要なセルフエステですが、その分接客に力を入れております。採用を非常に重要視しております。採用も本部で徹底サポートが可能です。

・充実したスタッフ研修
現場経験豊富なインストラクターによる現場研修を1ヶ月間行います。立上げ直後から数字を作るようなスタッフに成長させます。継続的にエリアマネージャーによるフォローも行います。

・安心・安全な店舗運営
マシンの安全性には最新の注意を図っております。また、お客様への同意書、注意喚起等は現場と法務両方の側面から万全なものをご用意しております。

・経験豊富な広告戦略
店舗一つ一つの広告戦略は立ち上げ3ヶ月間にてみっちりサポートいたします。PDCAを回し少ない予算で最大限の効果を狙います。また、経験豊富なマーケターが居るためWEBマーケティングからローカル媒体までの戦略提案が可能。

<会社概要>
会社名  : Lead株式会社
代表者  : 代表取締役 槇 隆司
本社所在地: 〒339-0035 埼玉県さいたま市岩槻区笹久保新田1051番の1
設立   : 2018年2月26日
URL    : https://lead-esthe.com/
主な事業 : セルフエステサロン運営事業、サロンコンサル事業、セルフエステ・フランチャイズ事業

引用:

関連記事

ベルクスカルプト

新着動画

  1. 5-2.ストーリーズ活用法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  2. 5-1.リーチ数を高める投稿方法 | 投稿の仕方 | インスタグラム攻略法

  3. 4-2.保存されやすい投稿 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  4. 4-1.インサイトとは?競合アカウントの分析 | 投稿の分析 | インスタグラム攻略法

  5. 3-2.投稿のデザイン | インスタの基本設定 | インスタグラム攻略法

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【全国初出店】整体とエステを融合させた新形態の「美脚サロン」がそごう横浜に新登場!足のトラブルから美脚エステまで

  2. トータルビューティを提供する「nanairo」が3月26日(土)横浜駅西口にニューオープン。

  3. ナリス化粧品、初の完全オンライン美容資格取得講座開始

  4. 成年年齢の引き下げで国民生活センターも注意喚起!「エステ脱毛」の契約トラブル事例

  5. 低価格路線や割引キャンペーンはもう限界…生き残る美容系サービス業の条件とは

  1. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  2. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  3. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

オススメ書籍