「ホットペッパービューティー」も参入 拡大する美容医療市場のクリニック経営戦略に迫る

 日本国内における美容医療市場は年々拡大しており、矢野経済研究所の調査によれば、医療施設収入高ベースで2014年は11年比8.5%増の2833億円と成長基調で推移し、17年は14年比14.8%増の3252億円と推計されている。美容医療においては、形成外科的な施術の需要は減少傾向にあるが、非外科的施術の需要がこの10年ほどで大きく拡大。“低料金”“エステ感覚”“時短”などをうたうクリニックが広がっている。(この記事はWWDビューティ2020年3月19日号からの抜粋です)

参照サイト:

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  2. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  3. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で癒し・ヘルスケア業界の5月の集客・売上共に昨年対比 約40%減で苦戦

  4. 痩身エステサロン「ヴィトゥレ」腸セラピーサービスを開始

  5. 【美容センサス2020年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

  1. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  2. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  3. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

オススメ書籍