エステサロン営業再開。引き続きwithコロナとして考える。

6月1日。多くの施設で休業要請が緩和される「ステップ2」になるなど、
各地で休業要請が緩和が始まりましたね。

エステサロンも営業再開スタート日というところも、多かったことと思います。
とはいうものの、新規のお客様の予約は元より、既存のお客様の予約が
これまでの予約状況になるまでには、少し時間がかかりそうです。

既存のお客様の環境も変化が起こっています。
変化に対応することで、心の余裕や時間の余裕の確保ができず
エステの予約が後回しになることも想定しましょう。

まず、6月中はお客さまの状況把握をするためのフォローを
徹底的にすることです。
お客さまの「きれいになりたい」気持ちは一切変わっていません。
むしろ、
・コロナ太り
・会話が少ないことによる顔のたるみ
・コロナストレスによる肌荒れ
・運動不足による血流の滞りは肩こりや腰痛、むくみといった
 さまざまな不調を引き起こすなど

「きれいになりたい」
「癒されたい」
「疲れをとりたい」の欲求は強まっていると思います。

だとすれば、できるだけ早い時期にご予約をいただけるように
コミュニケーションをとることです。

その際の注意点
・LINE,メールより、できるだけ「電話」が効果的です。
・お声が聞きたかった、お会いしたい気持ちをお伝えしましょう
・お客さまの生活環境をお伺いする
(仕事・健康・美容の状況)
・やりとりの様子次第では、予約日を促してみる
予約に至らなかったら
 例「月末にまたお声をお聞かせください」と次回
電話のアポイントをとること

今回のコロナは、休眠客や1度体験をされたお客様へのアプローチができる
最大のチャンスです。
おひとりおひとりを、心から大切に丁寧にフォロー、アプローチを
することです。

今こそコミュニケーションを深めて、ファンになって頂きましょう。

渡辺 ゆきよ

渡辺 ゆきよ美容家・講師

記事一覧

渡辺ゆきよビューティープレゼン 代表
自らが店長を務めるエステサロンは年間1億円を超える売上を達成し、世界33カ国に輸出する特許美顔器のセミナーの全国展開にも携わる。取締役に就任。2014年に独立をし、年間220回以上の企業研修(人材育成など)および、エステティックサロンのプロデュース、コンサルティング、講演活動を行う。デビュー作「きれいでなければ稼げません」は発売2週間で増刷され、Amazonランキング部門1位獲得。その翌年には中国語版が発売、さらにはフィリピンでも講演を行うなど世界からもオファーが絶えない。2018年、日本最大の国際総合ビューティ見本市であるビューティーワールドジャパンではメインステージで講演を行う。2020年5月、エステディアエグゼクティブディレクターに就任。

関連記事




記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 福島駅前にセルフ脱毛「サロンフル」 ウィズコロナで非対面型に

  2. デイサービスに進出 エステサロンのフェイス 東海初の美容特化型 一宮市のサロンに1日併設オープン

  3. 老舗温泉旅館とエステサロンはコロナの自粛期間をどう乗り越えたのか?

  4. Karada BESTAがプロデュース、監修する日本初パーソナルトレーニング・セルフエステ・ホワイトニング受け放題付き賃貸マンション「ブランセ ボーテ」が誕生

  5. 【脱毛サロンについて男女に大調査!】6割近い支持を集めた“お友達に勧めたくなる脱毛サロンの特徴”って…?

  1. 【サロンDIY】予算1万円で簡単にお店の雰囲気を変える方法。

  2. 「エステティックサロンにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」Ver.3.0のリリースのご案内

  3. エステでお得な決済方法。クレジットカード決済とスマホ決済を比べてみました!

  4. 都内のエステは申請可能。東京都休業協力金について。

  5. 今すぐ登録!Googleマップ登録でエステ集客がアップする方法

オススメ書籍